事業・サービス

コノミティについて

勤給解決
CARGO-LOCATE カゴロケ
HITO-LOCATE ヒトロケ
あしなが育英会
経済産業省
中小企業庁
日本貿易振興機構JETRO
内閣府 防災情報のページ
コノミティFacebookページ

HOME > 経費削減事業 >

燃料増量装置 EVOLU OIL

燃料増量装置 EVOLU OIL

English Japanese

燃料増量装置 Fuel increasing device
原料と同程度の発熱量
原料として使用する市販の石油製品と同程度(98%以上)の発熱量
環境保全上優れた品質
温暖化ガスの発生量が少なくなるなどの環境保全上優れた品質
品質の保持が可能
市販軽油などに通常使われる保存剤を使用せずに長期間安定した品質の保持が可能に
大気汚染原因の排出抑制
大気汚染の原因となるSOx(硫黄酸化物)やCO 2 (二酸化炭素) の排出抑制に
EVOLU OILの開発により
産業革命以来、エネルギーの根幹であった石油製品にもう一度焦点を当てて
革新性と経済性、環境性、持続性をもたらします

EVOLU OILの普及により
産業活動の活性化と経済の発展、環境保全と資源保護に貢献します

革新性
最も馴染みある天然資源である水と石油を、私たちの技術で融合することで、新たな付加価値を生み出します。
経済性
石油製品を消費する企業や個人のコスト低減を実現し、経済や産業の発展と活性化に貢献します。
環境性
硫黄酸化物や窒素酸化物の排出を減らし、地球環境にも優しい化石由来燃料の供給を目指します。
持続性
有限性のある化石燃料資源を長持ちさせ、再生エネルギーや水素エネルギーとの共存を次世代へと引き継ぎます。
GOALS

プラント装置・性能・特徴のご案内

完全自動生成
生産規模 生産規模の拡大は日量200,000ℓ程度まで可能
原料の水 原料の水は飲料用に供するレベルであれば水質を問わない
製造コスト 従来の石油製品に比べて約 3 割廉価に
投資回収 プラントの初期投資額は短期間で回収可能
EVOLU OIL製法イメージ
EVOLU OILプラント図面
基油の1.5倍近く製造可能
使用可能な石油製品は、A 重油、軽油(ディーゼルオイル)、灯油は確認済。他の油種についても、開発を計画中。
日量10,800ℓの製造が可能なセミコマーシャルプラントがフルオートメーションで稼働中。

見学可能

エマルジョン燃料との違い

新たな製法
エマルジョン燃料との違い図

コノミティへのお問合せ 03-3438-3585
Copyright (C) Conomity Co.,Ltd. All rights reserved.